カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

ZIPPOの手入れメンテナンス

ZIPPOのお手入れ/メンテナンス方法

ご存知ですか?  ZIPOOの中身

『これがわかってなきゃZIPPOの愛用はできませんよ。』
[インサイドケースの中の綿に含まれている燃料のオイルが毛細管 現象で、チムニーの中に出てきている先端部まであがって、そのオ イルが気化して燃える]という非常に原始的だが、それだけに非常にシンプルで、トラブルが起きにくいことには感心します。  確実に着火するというZIPPO社の創業以来の姿勢が守られている基本です。

不死身と言われるZIPPOも、あなたのメンテナンスが無ければ『ガタ』がきます。
Good Conditionを維持するためには、消耗品の交換や日頃の手入れが大切です。
消耗品は 1:オイル 2.フリント(石) 3:ウイック(芯)で、
いずれもお近くのコンビニやホームセンターなどで販売してます。
zippo インサイドケース
オイルの注入:
当店でお買求め頂いたZIPPOは新品につき、使い捨てライター等と違ってオイルが入っていないので着火しません。 使用前にオイルを注入しましょう。
注意書きを守って、底のフェルトパッドをめくって、中の綿にしみこませる感じで注入します。

パッドの真ん中に穴が開いてますが、その穴から注入するより、早くてこぼれにくいようです。
私はその穴に予備のフリントを1個入れてます。
フリント(発火石):
オイルの次に頻繁に交換/補充が必要な消耗品です。底のチューブ先端のネジをはずして交換します。

ウイック(芯):
いちばん長持ちしますが、時々は先端をカットしたり、引っ張り出したりして調整しましょう。
ZIPPO社の保証書はZIPPO1個に付必ず1枚ついています。
取扱説明書を兼ねたもので、ZIPPOと同じ大きさに小さく折りたたんでジッポーライターの下に入っています。

画像はZIPPO一個に付一枚ついている保証書/取扱説明書の抜粋です。

この保証書もジッポーの形状が年を重ねるごとに変化してきたように、現在までに様々な保証書が製作されています。

-------------------------------------------------------


ZIPPOライターって何?
ジッポーライターは、1932年にジョージ・G・ブレイズデルにより発案され、翌1933年に初めて商品化されました。以来75年以上、その基本構造はほとんど変わらないまま、現在もペンシルバニア州ブラッドフォードの地で、日々生産が続けられています。発売以来の伝統となっている「機能的故障に対する永久無料保証」や、年式・多種多様なデザイン加工によるコレクション性の高さなど、"ZIPPO"はほかに類を見ないライター・ブランドとして、世界中で親しまれています。
ジッポライターの構造ご購入いただいたライターには、オイルが入っていません。オイルは別売ですので、別途ジッポー社製純正オイルを購入してください。

使い捨てライターではありません。オイルの注入、フリント・芯の交換など、正しく手入れをすれば、そのぶん長く使用できます。

フリント・ホイールを回転させることで、火花を出して着火します。

一度、着火しますと火は消えません。キャップを閉じて、完全に消火したことを確認してください。

オイル、フリント、芯の3つの消耗品があります。これらを使用する際は、必ずジッポー社製純製品をご利用ください。ジッポー社製品以外のものを使用すると故障の原因になりますので、ご注意ください。

ライターの機能的な故障に対して、その状態や使用年数を問わず、これを無料で修理する生涯保証がついています。


ZIPPOライターの着火及び消火
キャップを開け、風穴が開いている防風ガードを
指でつかみ、*1インサイド・ユニットをゆっくりと
引き抜きます。
インサイド・ユニットの底部にある、フェルト・
パッドをめくり、オイルを注入します。
オイルを注入後、*2カム(バネ)が下向きにさがって
いることを確認してから、インサイド・ユニットを
ケース内に戻します。
火をつける際は、近くに燃えやすいものがないかを
確認してから、フリント・ホイールを親指で回転させ
着火します。
火がついている状態でキャップを閉め、火を消します。
必ず完全に消火したかを確認します。



オイルの注入方法
倒れているオイル缶の注入口を小さめのマイナス・
ドライバーなどでしっかり立ち上げます。
ライター本体のキャップを開け、インサイド・
ユニットをゆっくりと引き抜きます。
インサイド・ユニット底部にある、フェルト・パッド
をめくります。
オイル缶の注入口を綿にあてがい、ゆっくり
注入します。
オイルが綿に染み出てきたら注入を止めます。
オイルがあふれた場合はティッシュなどで完全に
拭きとってください。
インサイド・ユニットをケース内に戻した後、
キャップを閉じ、ライター表面についたオイルを
ティッシュなどで拭いてください。

注入後は、オイル缶の注入口をしっかり止まるまで
倒し、元に戻してください。


オイル使用上の注意点
■オイル缶は子どもの手の届かないところに保管してください。
■オイルは可燃性液体です。オイルは引火性が高いので、火気の近くで注入しないでください。また高温、長 時間日光にさらさないでください。

■ライター以外の使用は避けてください。
■燃焼中のライターへの注入はしないでください。引火し、やけどの恐れがあります。
■車など密閉された場所にオイル缶を放置しないでください。
■オイル注入時は注入口を直接綿に当て、ゆっくり入れてください。染み出してきたら、注入を止めます。入れ過ぎによるオイル漏れに注意してください。

■オイルが漏れ、皮膚に付着した場合、かぶれ(皮膚炎)が起きることがあります。衣類も含めて速やかに水、石鹸で洗い流してください。症状が改善しない場合は、医師の診断を受けてください。

■注入後は、手とライターを布などでよく拭いてください。
■間違って飲んだときは、無理に吐かせず、すぐに医師の診断を受けてください。

フリントの交換方法
インサイド・ユニット底部のネジをドライバーや
コインで回して外します。
フリント・スプリングを取り出したのち、
摩耗したフリントをチューブから取り出してください。
新しいジッポー社製フリントを1個挿入してください。
フリント・スプリングをチューブに差し込み、
ドライバーやコインで最後までしっかりと
閉めてください。
予備のフリントは、底のフェルト・パッドをめくり、
フェルト・パッドと綿の間に保管すると大変便利です。


ジッポー社製純正フリント
・発火石は消耗品です。交換が必要なときは、ジッポー社製純正発火石をご使用ください。 ≫ZIPPO社純正フリント(発火石)ご購入はコチラから


ウィック(芯)の交換方法
インサイド・ユニット底部のネジを、ドライバーや
コインで回し外します。
インサイド・ユニット内部にあるフェルト・パッド、
綿、芯をピンセットなどですべて取り出します。

新しい芯の先端を防風ガード上部から差し込み、
その芯の先端をインサイド・ユニット内部からピンセットなどで引きこみます。
芯の高さは防風ガードよりも少し低い高さにセットします。

インサイド・ユニットに入れる綿は、固まりをほぐし、
芯に絡まるようピンセットなどで詰めてください。
フェルト・パッド、フリント・スプリング、発火石を
元の状態に戻してください。


ウィック(芯)のお手入れ

■ライターを使用し続けると芯が燃えて細くなったり、銅線だけになったりします。その際は、インサイド・ユニット内部から芯を引き出し、その部分をハサミでカットしてください。


■新品時の芯の長さは約10cmです。5cmくらいになったら交換の時期です。
■フリントの燃えカスなどがついた場合は、こまめに綿棒などで掃除してください。


手入れの方法
ライター本体のキャップを開け、インサイド・
ユニットをゆっくりと引き抜きます。
用意した綿棒にジッポー社製純正オイルを染みこませ、
ケース内部とキャップの汚れやススなどをていねいに
落とします。
インサイド・ユニット表面の汚れを布で拭きとります。
ひどい汚れは、布にジッポー社製純正オイルを
染みこませて拭くと落ちやすくなります。
防風ガードの内側、ホイールとフリントの接合部、芯のまわり、
カムの周辺などの汚れやススなどは、ピンセットと綿棒を使って落とします。
最後に、フリントと芯を点検してください。
オイルが完全に蒸発するのを待ってから、
インサイド・ユニットをケース内に戻します。



ライターの手入れに用意する物
■ドライバー
■ピンセット
■綿棒